秋の衣替えでスッキリ収納!

akikoromogae.jpg
akikoromogae1.png
例年よりも、寒暖差が激しく
お困りの方も多いかもしれません。
そんな衣替えの注意点をご紹介!

最高気温が20℃を下回る日が続いてきたら
秋の衣替えの季節。

一般的には春と秋に行うものでしたが
気候の変化や生活様式の多様化で
衣替えをしないという家庭も
増えてるといいます。

とはいえ、着た服をそのままにしておくのは
衣類のためにも、お部屋の見た目にも
あまりおすすめできません。

この機会に、衣類のメンテナンスと
整理整頓をしてみませんか。

【夏物衣類はしっかり汚れを
         落としてから】

夏の衣類は汗や汚れが付きやすいです。
そのままにしておくとシミや黄ばみ
ニオイの原因になってしまう場合も。

衣類をしまう前にはしっかりと汚れを
落としておくのが大事です。

●家での洗濯方法●

汗や皮脂などの汚れが付きやすい
襟や脇の部分には、洗濯の前に
中性洗剤をそのまま塗布して
やさしくもみ込みます。
全体的な汚れにはつけ置き洗いも効果あり。

●クリーニングは早めに出そう●

汚れは日が経つ程落ちにくくなります。
また、汗汚れは通常のドライクリーニング
では落としきれない場合もあるため
「ウエットクリーニング」や
「汗抜きクリーニング」などといった
別コースを選ぶのもオススメです。

【衣類の収納の仕方】

来シーズン切る時にも取り出しやすく
また、気持ちよく着るためにもスッキリとした
収納や衣類の整理整頓は欠かせません。

手間をかけずにキレイに衣類をしまうための
ポイントをご紹介します。

●着る服と着ない服を分別●

中にはワンシーズンで着れなくなって
しまうものもあるはず。

今シーズン一度も袖を通してないものが
あったら、思い切って処分してしまうのも手。
リサイクルショップを活用しても。

●お気に入りの洋服を虫から守ろう●

ウールを含んだ衣類は、密封性の高い
衣装ケースなどにしまうのがベスト。
防虫剤は衣類に直接触れたりすると
化学反応によってシミができて
しまう場合もあるので注意しましょう。

●湿気やカビの対策をしよう●

夏物衣類をしまう前には
しっかりと乾燥を。
湿気が残っているとカビの
発生原因に。
クリーニングが済んだ衣類は
必ずビニールを外してから
しまうようにしましょう。

●衣類に適した収納を●

型崩れしにくいものは吊るして
収納してもOK。
収納ケースに入れる場合は、
下の方に湿気に強い麻などのものを、
上側には絹などのデリケートな
衣類を入れるようにしましょう。

【たたむ時のポイント】

袖のあるものは内側に折り込み
収納ケースにあわせて、一定の
大きさにたたむのがコツ。

【しまう時のポイント】

思い切って衣装ケースを縦置きし
衣類を下から積んでみては?

どこに何があるか一目で分かるだけでなく
意外にも収納スペースが多くとれて一石二鳥。

魅力感じる・平屋住宅

近年、子育て世代の方にも人気の平屋住宅。
魅力をご紹介致します!
hs.png

【コミュニケーションがとりやすい】

ワンフロアのため家族との
コミュニケーションがとりやすく、
家族それぞれお部屋にこもっていても
気配を感じる事ができ、安心感が感じられます。

【平屋ながらの暮らしやすさ】

階段の上り下りがのないため
移動が楽、また家事動線も
スムーズシンプルになります。
 
また、2階部分がないため
天井を高くなどが可能になり
開放的でおしゃれな空間が作りやすくなります。

【構造的に強く・安心】

建物の重心が低いため、地震に強い平屋。
また、地面と接している面積が大きい平屋は
地震や台風の影響を受けにくく、
万が一の時にも、外に逃げ出しやすいのも
メリットに。


【小さなお子様の子育てや・老後も安心】

2階がある事によっての
小さなお子様のケガの不安
また、高齢になってくると
足腰が弱くなる事から
階段の上り下りが辛くなります。
また、それによるケガの不安がないため
安心して子育てや老後を過ごして
いただけます。

今回は、魅力をご紹介いたしましたが、
平屋住宅を建てるにあたって
注意点もございます。

ご興味がある方は、
建てるにあたって色々な面から
見ていただくと良いでしょう!

弊社でも、無料相談を行っております。
お気軽にお問合せ、ご予約下さい。