レシピ・イワシのトマトパスタ クレソン添え

イワシのオイルサーディンで手軽に
本格パスタができます。
春らしく、ほろ苦いクレソンを添えてどうぞ。
tomato.png

【材料・2人分】

パスタ・・・・・・・・・・・・160g
しめじ・・・・・・・・・・・・100g
イワシのオイルサーディン・・・60g
カットトマト・・・・・1/2缶(200g)
オリーブオイル・・・・・・大さじ2
ニンニク-・・・・・・・・・・・1片
塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1
ブラックペッパー・・・・・・・・少々
クレソン・・・・・・・・・・・・適量

【作り方】

1.イワシのオイルサーディンは油を
 切って身だけ使う。

 しめじは子房に分けておく。
 クレソンは洗って3センチの
 長さに切っておく。

2.フライパンにオリーブオイルとニンニクの
 みじん切りを入れ、弱火でじっくり炒め
 香りが出てきたら、イワシの
 オイルサーディンを加え炒める。

 更にカットトマトを加え炒め、
 弱火で3分ほど加熱し、
 塩とブラックペッパーで味を調えておく。

3.沸騰したたっぷりのお湯に塩(分量外)を
 入れパスタを時間通り茹でる。
 
 パスタが茹で上がる1分前にしめじも
 加えて一緒に茹でる。

4.茹で上がったパスタとしめじの湯を切り、
 ②のトマトソースに加え和える。

 皿に小高く盛り付けて上に
 クレソンをのせる。

クレソンのはなし

スーパーでは1年を通して見かけますが
野性のクレソンの旬は3~6月で、
この時期は茎が柔らかくおいしいのが特徴です。

栄養

ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB2、
ビタミンB6、ビタミンC、カルシウム、
鉄、葉酸などが含まれています。

βカロテンは抗酸化作用があり、
がんの予防効果が期待されています。

選び方

・茎が太くてあまり曲がっていないもの
・葉と葉の間が詰まっているもの
・葉が大きくて、濃い緑色のもの

保存方法

水を入れたコップにさし、涼しいところで
保存します。

水はこまめに交換し、できるだけ
早めに食べましょう。


春の大掃除で快適にキレイ!

スプリング・クリーニング
souji.png
日本では年末に行うのが一般的な「大掃除」。
実は欧米などでは、寒さが和らぐこの時期に
大掃除をすることが多いのだとか。

冬に比べて窓拭きや水回りの掃除も
比較的苦にならず、汚れもキレイに
落ちるのがスプリング・クリーニング
のいいところ。

また、春は引っ越しや衣替えのシーズン。
清々しい気持ちで新年度をスタート
させるためにも、スプリング・クリーニングを
取り入れてみませんか。

【窓と網戸の掃除】

窓掃除に適しているのは、
よく晴れた日よりも曇りの日。

湿度が高めの日の方が、
汚れが落ちやすいと言われています。

窓ガラスは、ガラス用洗剤を吹きかけたあと
かたく絞った雑巾やスクィージーなどで
汚れをふき取ります。

仕上げは化学雑巾を使うとよりキレイに。
一方、網戸を掃除するときは、
スポンジに水をたっぷり含ませて
上から下へ向かって汚れを落とします。

かたくしぼった雑巾で水気を
ふき取れば完了。
洗剤は使用せず外側から拭くのが
ポイントです。

【タンスや押入の中もスッキリ】

新生活は気持ちも荷物も軽くして
スタートしたいもの。

引っ越しをする人はもちろん、洋服の
入れ換え時期でもある春は、「捨てる」という
選択も掃除の重要なポイントになります。

特に洋服などは流行に左右されやすいため
3年着ていなければ処分するのがおすすめ。

サイズが合わないものはリサイクルへ。

【カビやホコリを徹底除去】

春は静電気に悩まされることも
なくなるので、ホコリを一掃
するのにはピッタリの季節。

閉め切ったままの部屋の掃除や
カーテンを洗うのもおすすめです。

また、クローゼットや下駄箱、
浴室などのカビは、春のうちに
取り除いておくことで、梅雨時期に
広がるのを防ぐことができます。

●お掃除にカンタンもうひと工夫!●

普段のお掃除で見逃しがちなちょっと
気になるポイントを押さえて
お掃除にプラスすれば、
お部屋のキレイ度もアップします。

【スイッチプレート】
suixtuchi.png
・使う道具・・・綿棒

綿棒に重曹水をつけて細かな
でこぼこや隙間部分をこすれば、
汚れをきれいに取り除くことができます。

【PCのキーボード】
pc.png
・使う道具・・・セロハンテープ

汚れが溜まると、故障の原因になる事も。
セロハンテープをキーのすき間に
差し込むだけで、簡単にお掃除できます。

【イスの足の裏】
isu.png
・使う道具・・・タオル

乾いたタオルで汚れを落とし、
取れにくい汚れはヘラではぎ取ります。
イスの足は気が付かない内に汚れ
ているので、こまめに掃除を。

【窓のサッシ】
saxtushi.png
・使う道具・・・スポンジ

軽く掃いた後、溝の幅に合わせた
切り目を入れたスポンジに
台所用洗剤を染み込ませ、サッシの
溝に沿ってなぞっていきます。

【照明のホコリ】
syoumei.png
・使う道具・・・軍手

軍手をはめて雑巾代わりにすれば
拭きにくい狭いところにも手が届きます。
落ちにくい汚れには洗剤を使って。

【壁の巾木】
habaki.png
使う道具・・・歯ブラシ

実は見落としやすい場所。ホコリを
取り除き、中性洗剤をつけた
歯ブラシで磨きます。その後
ぬれたタオルなどで拭き取るだけでOK。

【玄関のタイル】
tairu.png
使う道具・・・新聞紙

ほうきで掃いた後、ぬれた新聞紙を
ちぎったものをタイル全体に敷き
さらにほうきで掃くと、溝に入り込んだ
汚れを取り除いてくれます。

【蛇口】
jyaguchi.png
使う道具・・・ナイロンタオル

体を洗うナイロンタオルを使って
蛇口をかき出すと、カルキ汚れや
石鹸カスなどを取り除くことが
できます。

【お風呂場の鏡】
ofuroba.png
使う道具・・・歯磨き粉

歯磨き粉を使うと、研磨効果で
しつこい水垢を落とす事ができます。
鏡をよく磨いた後、乾いたタオルで
拭き取ればピカピカに。

失敗例から学ぶ土地探し

当社を訪れる方の中には、
土地探しから始められる方も
多くいらっしゃいます。

「良い土地」というのは、
出てきたらすぐに売れてしまいますが、
それでも何百万円、何千万円とする
高額なものであり、衝動的に
買うことはできません。

先日、同じく住宅会社を営む方々と
共に勉強会に参加し、
「土地購入でお客様が失敗した例」というのを
聞いてきましたのでご紹介致します。

①隣の空き地にマンションが
建ってしまった

日差しの入る、明るい一戸建てを希望、
南側に広い平面月極駐車場のある土地を購入。

吹き抜けのある広々とした家を建築。

数年後、駐車場の場所にマンションが
建ってしまい家は薄暗い印象の
家になってしまった。

広い駐車場や農地などは、
いずれマンションが建ってしまったりする
可能性があるかもしれません。

②角地で便利だが、
ゴミの問題があった

数十メートルで幹線道路に出られる
便利な立地の角地を一目ぼれで購入。

好立地な割に割安な土地だったが、
工事を始めたのちに、目の前が
ゴミ集積所であったことに気付いた。

実際に住み始めると、
カラスなどによってゴミ袋が荒らされたり
ゴミ収集日に臭いが気になりだした。

自宅前であるため、ゴミの日に
毎回掃除をすることになりました。

土地を購入する際は、
ゴミ集積所の場所も確認しておきましょう。

③日当たりを考えて家作りをしたのに
 夏場がとても暑くなってしまった

学校や駅も程近い利便性の良い土地を購入。
土地の形が旗竿状になった旗竿地で
安く購入できたものの
周りを家に囲まれているので
1階は暗くなることが予想されました。

そこでキッチンやリビングを2階に
配置し、トップライト(天窓)を
沢山設けました。

明るさは確保できたものの
夏場の2階の暑さに悩まされることに。

トップライト(天窓)を作る際は
太陽光が過度に入ってこないか
予測しましょう。

④風の強い日に砂埃が飛んできて
 洗濯物が干せない

子どもの通学に便利が良いところを
探していて、小中学校が近い土地を購入。

しかしこれがあだとなり、風の強い日は
校庭の砂埃が飛んでくるため
洗濯物を外に干せません。

天気が良くても、洗濯物は室内干しとなり
また布団はクリーニングに出すようになり
意外な出費がかさむことに。

➄日中の抜け道に面した土地のため
子供を庭で遊ばせられない

子供をのびのびと遊ばせたいと考え、
公園に近く庭も広く取れる土地を購入。

しかし、土地の目の前にある道路は
日中、いわゆる抜け道となっていて
ことのほか車の往来が激しいことが発覚。

子供が公園に行きたがる時も
庭で遊びたがる際にも、道路に飛び出したら
危ないので目を離せません。

家に面した道路の交通量は、時間帯によって
変わる場合があるので、特に子供が
小さいうちは日中の交通量を調べましょう。

以上、土地探しの失敗例をご紹介しました。

土地は高価なものなので、
失敗したからといって簡単に買い換えられる
ものではないですよね。

私たちは土地を購入される場合には
ちゃんと細かな下調べを行った上で
お客様とご相談させていただいています。

レシピ・サバのムニエルタプナードソース

saba.jpg
【材料・4人分】

生サバ・・・・・・・・・1尾
塩コショウ(下味)・・・少々
小麦粉・・・・・・・・・適量
オリーブオイル・・・・・適量
にんにく・・・・・・・1かけ

●【A】タプナードソース

ブラックオリーブ(種抜き)・・・・100g
アンチョビ・・・・・・・・・・・・40g
ケイパー・・・・・・・・・・・・・30g
にんにく・・・・・・・・・・・・1かけ
オリーブオイル・・・・・・・・大さじ3

●付け合わせの野菜

なす・かぶ・エリンギなど・・・・・各1個
塩・・・・・・・・・・・・・・・・少々
サラダセロリ・イタリアンパセリなど少々

【下準備】

生サバは3枚におろしてピンセットで骨を抜き
食べやすい大きさに削ぎ切りにする。

キッチンペーパーで水分をふきとり
塩コショウで下味をつけたあと、
両面に薄く小麦粉をつける。

付け合わせの野菜を切る。

・なす・・・1㎝の厚の
輪切りにして水にさらす
・エリンギ・・・・・・・・・・縦に4等分
・かぶ・・・・・・・・・1㎝厚のくし切り

【作り方】

1.【A】の材料をすべてミキサーにかけ、
   好みの粒加減になるまで細かくする。
 (包丁で自分の好みの
   細かさにカットもオススメ)
    味見をしながら塩で調整する。

2. フライパンにオリーブオイルを入れて
 熱し付け合わせの野菜(なす・かぶ・
 エリンギ)を両面焼き、
 バットに取って軽く塩を振りかける。

3.フライパンにオリーブオイルと刻んだ
 にんにくを入れ弱火にかける。
 
 にんにくの香りが立ってきたら、
 下ごしらえをしたサバを
  皮目から中火で焼く。
  
 2分ほどしたらひっくり返して蓋をし
 さらに1~2分ふっくらと焼き上げる。

4.お皿にタプナードソースを敷き
  その上にサバを乗せる。

 サバの上にサラダセロリや
 イタリアンパセリを乗せて
 付け合わせの野菜を添える。

【タプナードソースとは】

ブラックオリーブとアンチョビ、
にんにくなどを使って
ペースト状にしたソース。

フランスのプロヴァンス地方が発祥で、
魚料理や野菜などに添えたり
パンに塗って食べたりできる万能ソースです。

※タプナードには黒と緑の2種類があります。
 ここで紹介してるのは黒のタプナードソースです。